human note

関西で活動する総勢500人のゴスペルクワイア「human note」の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神戸市長田区「健康文化フェスティバル」ライブレポート

NAGATA0.png
兵庫県立文化体育館多目的ホール

なんばHatchでの「2009年ウタのタネ」の余韻が覚めやらぬ中、3月1日に神戸市長田区で「健康文化フェスティバル」が開催されました。我らがhuman noteの神戸チームが出場ということで、楽しみに会場へ足を踏み入れると・・・うわデカイ!会場の定員は、なんと2814席。ステージに上がった仲間は、さぞかし貴重な体験が出来たことでしょう。

NAGATA1.png
human note 神戸チーム

披露曲は、「Hallelujah」、「街の灯り」、「OH HAPPY DAY」の3曲。会場内は年配の方が多かったのですが、「街の灯り」では皆さん口ずさんで楽しんでいらっしゃいました。このエリアでも新たにゴスペルワークショップの開催が検討されているとのこと。「2010年ウタのタネ」に向けて、human noteはすでに動き出しているんですね。(たいち)

NAGATA2.png
「街の灯り」を歌う寺尾仁志

PageTop

「御堂筋kappo」ライブレポート

2008年10月12日(日)に開催されたイベント、”御堂筋kappo”(昨年までは”御堂筋パレード”として開催されていたものです)。その記念すべき第1回で、humannote・Dブロックから3グループが参加しました(残念ながら”天満音楽祭”が同日に重なり、Dブロック所属のBoon Earth Choir、クワイアしろきたの2グループは参加できませんでした)。以下はchocola Teraにごぅさんから寄せられた、イベント報告です。

midousujikappo.jpg

10月12日(日)、秋晴れの中で開催された『御堂筋kappo』に、我らがhuman noteのangel créa、sounds of fellow、SOIS(千里国際学園)、そして寺尾仁志が合同で「寺尾仁志とhuman note」として出演しました。当日human noteが出演するメインステージに到着すると、まだオープニング前にも関わらず、ものすごい人!人!人!!こんな大勢の人の前で、『みんなトモダチ』が初お披露目できる、そしてhuman noteの歌声をこんなにも大勢の人に聴いてもらえる、と思うと観客として見に行った私も、うれしくなりました(≧▽≦)

私、生まれも育ちも関西ですが、実は今まで(去年までやっていた)御堂筋パレードを 見に行ったことがなかったんです(^-^; なので、正直あんな大勢の人がいてはるとは・・・まだ始まってないのにそれだけで感動してしまいました(T-T)

まずは『Hallelujah!』から。聴いているお客さんはやはり知っている曲だからか、手拍子をして聴いてはりました。 そして2曲目は『The Seeds Of Love』さわやかな秋晴れの中、とてもすてきなメロディーが会場を包んでいました。

そしていよいよ最後の曲、初お披露目の『みんなトモダチ』。聴いていたお客さんも初めて聴いた曲のはずなのに、曲に合わせてリズムを取ったり手拍子をしたり。やっぱり年齢に関係なくみんなが楽しめる曲なんですねぇ。心の再生府民運動の関係者も、曲や演奏を絶賛しておられたそうです。

あまりの人の多さで見に来ていたhuman noteのほかのメンバーに、あまり会うことができなかったのですが、この曲にあわせて人ごみのあっちこっちからニョキニョキと伸びている手が(笑)ステージで歌っているhuman noteのメンバーも、客席にいたhuman noteのメンバーも一緒になったすばらしいステージでした!

11月8日はさらに大勢の人数で『みんなトモダチ』を大勢の人に聴いてもらいたいですね!
(にごぅ)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。