human note

関西で活動する総勢500人のゴスペルクワイア「human note」の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スイスホテル・クリスマス

 24日、サンタさんと☆


 2009年クリスマス・シーズン、human noteメンバーは、各地で様々なクリスマス・ライブに出演していました。
12月23日~25日の3days、スイスホテル南海大阪では、ヤマハなんばセンターを中心に活動しているAOOG、sparkling soul、Sound of Soul、LOOP、Earth Seven、どっぱちの各クワイアからメンバーが集まり、クリスマス・ライブに出演しました。


スイスホテルでのクリスマス・ライブは、今年で2回目。
煌びやかなツリーに彩られたロビーは、温かなクリスマスの雰囲気でいっぱいでした。
訪れたお客さんは、そこかしこで足を止めて、記念撮影をしていました。


クリスマスの楽しいひと時を、私達の歌でささやかに演出することができたなら、
とても嬉しいです。

来年もまた会いしましょうねっ、サンタさんっ♪

PageTop

『ドイツ・クリスマス・マーケット 2009』



 今年も、新梅田シティ・ワンダースクエアで開催されている『ドイツ・クリスマス・マーケット2009』のステージに、寺尾仁志 with human note が出演しました。

普通に遊園地にあるような、立派なメリーゴーラウンドが梅田のスカイビルのふもとに出現。ここはほんまに大阪か?っちゅう、クリスマス・ムード溢れる空気を楽しませてくれる、このイベント。
世界最大級のクリスマス・ツリーのふもとで、寒い中たくさんの人に、歌をお届けしました。


客席で聴いていた私の背中の方で、human noteへ、ため息交じりで「鳥肌やなぁ~」と呟いたお客さんがっ…
私は心の中で、”やったー!!”とガッツポーズしたのでした。

歌で、たくさんの人に感動を与えられる、そんなhuman noteでありたい、と感じたひとときでした。


フライヤーを配ってくれたサンタさん達も、お疲れちゃんっ(笑)

PageTop

一般参加者、ワークショップ

SN3G0084.jpg

 来年2月20日(土)の『ウタのタネ2』に参加する、一般参加者の皆さんへのワークショップが始まりました。
初参加の方はもちろん、昨年の『ウタのタネ』に続いて参加されている方も、とても多かったです。
「また会えましたね~!」と声をかけると、「もう、やめられませ~ん!」と返事がかえってきました(笑)。嬉しいっ!!

一般参加の皆さんが歌う曲は3曲。本日は、英語曲を中心にすすめられました。
細かな発音、先生は冗談めかして言うてましたが実は重要なタメ、ニュアンス…皆さん、聞き入る姿が気合入ってましたっ。

震災コンサートまで約1カ月、『ウタのタネ2』まで約2カ月…練習日はごくわずか。
一般参加の皆さんとhuman note、状況はなんら変わりません。
human note、負けてられへんぞっ!と思いました。



2月20日、素晴らしいライブにしましょうっ。




PageTop

一般参加シンガー、練習開始!

 神戸YMCA会場にて

来年1月17日、兵庫県立文化体育館で行われる 『~震災から15年~500人のゴスペルコンサート』 に向けて、一般参加シンガーの練習が、神戸と大阪で始まりました!

1月17日は、神戸に住んでいる人はもちろん、関西に住んでいる人、日本中の人にとって、忘れられない日です。
今日、練習会場に足を運んでくれた皆さんも、さまざまな思いを抱いて参加しているのだろうな…と、感じずにはいられないひとときでした。
神戸会場では、初日とは思えない程美しい響きが会場全体を包み、レクチャーを担当したひなみさん(@KCC)をはじめ、ガイドを務めたhuman noteは、正直感動してしまいました。



本番の会場となる長田区の兵庫県立文化体育館は、あの大震災に耐え、その後約2年間、避難所としてたくさんの人達が暮した場所です。
体育館のすぐそばにある、現在は公園になっている場所には、仮設住宅が建っていました。

ここで、このコンサートをすることに大きな意味があると思う…
文化体育館のスタッフ、小川さんが話してくれました。

神戸会場のレクチャーを終えて、ひなみさん、human note、そして小川さんで円陣組んで手を重ねて、誓いました。
「絶対、素敵なコンサートにするぞ!お~ぅ!!」って。



Webレッスン(←クリック!)実施中です。human note リーダー・寺尾仁志がレクチャーしています。

皆さん、ぜひ来年1月17日、一緒に歌いましょう!!

PageTop

human note 合同練、始まる!

2010年1月17日(土) 兵庫県立文化会館で行われる 『500人のゴスペルコンサート』、そして2月20日(土) なんばhachで行われる 『ウタのタネ2』に向けて、human note合同練習が始まりました。

human noteは、たくさんのクワイアが集まったビッグ・マス・クワイア。総勢約500人!!
普段はそれぞれのクワイアでレッスンしている仲間が、一堂に会する合同練習です。

SN3G0067.jpg
なんか、まったく熱さの伝わらない写真でごめんなさい。平日の夜にもかかわらず、100人強のメンバーが集まりました。
それぞれに仕事があり、家庭があり、学校があり(小学生もいます)…本当にさまざまなメンバーが歌でつながり、ひとつになる瞬間…言葉にはできないほどの感動があります。

練習初日の本日は、駆け足で3曲を練習。
まだまだ練習不足ですが、熱い気持ちがたっぷりこもった歌声が、お客さんのいないホールに響きました。


細かい改善点はたくさんあると思う。うまく歌えない日もあると思う。
でもライブ当日は、絶対すんごいことになるっ!!
そう確信した夜でした。

皆さん、ぜひ、聴きに来て下さい!歌いに来て下さい!!



PageTop

「500人のゴスペルコンサート」

~震災から15年~ 「500人のゴスペルコンサート」
あの日から、15年が経とうとしています。
絶望に立ち尽くしたあの日、復興へ立ち上がったあの日、笑顔が戻ったあの日。
悲しみを超えて希望へと歩き出し復興を遂げた長田に、客席を含めた2000人の歌声が響き渡る。
関西を中心に活動するシンガーソングライター寺尾仁志がディレクションする約500名の聖歌隊human note(ヒューマンノート)にスペシャルゲストSakuraさんを迎え、一般参加の200名がともに歌う!長田に響き渡る2000人の歌を、体感してください!

このコンサートに一般参加シンガーを募集いたします!
一般参加の方には、下記日程にて事前にワークショップに参加いただく予定です。

【ワークショップ参加要項】
募集人数:200名
参加条件:12月~1月に神戸各地で行われる練習3回のうち2回以上と
1月11日の全体練習に参加できる方
参加費:無料
お申し込み:<神戸会場>兵庫県立文化体育館(078-631-1701)で電話にて受付。
<大阪会場>E-mail(contact@teraohitoshi.net)で受付。
件名に「震災コンサート」
本文にお名前、読み仮名、電話番号、アドレスを明記ください。

===ワークショップ開催日時===
【神戸会場】
(1)県立文化体育館(小ホール)
  <10:00~12:00>12月10日(木)、12月24日(木)、1月7日(木)
(2)神戸YMCA(チャペル)
  <14:00~16:00>12月5日(土)、12月19日(土)、1月16日(土)
(3)ユースプラザKOBE EAST(多目的室)
  <10:15~12:15> 12月8日(火)、12月15日(火)、1月6日(水)
(4)葺合文化センター(音楽室)
  <19:00~21:00> 12月12日(土)、12月19日(土)、1月9日(土)

===全体練習===
県立文化体育館(小ホール) 1月11日(月・祝)
<①13:00~14:45、②15:15~17:00>
 ※出演者全員を対象にした全体練習です。
 ※上記時間帯①か②のどちらかに参加頂きます。

【大阪会場】
  もと浪速青少年会館
  <16:00~18:00> 12月5日(土)、12月19日(土)
  <14:00~17:00> 1月10日(日)

【震災コンサート】
日時:2010年1月17日(日)open/15:30 start/16:00
会場:兵庫県立文化体育館(多目的ホール)
出演:寺尾仁志・human note・SAKURA(スペシャルゲスト)
入場料:500円(中学生以下無料)

PageTop

「こころの再生」フェスタin EXPO



11月8日(日)、暑い!日差しの下、万博記念公園で行われた「こころの再生」フェスタ in EXPOに、寺尾仁志 with human noteが出演しました。


「こころの再生」府民運動 (←詳しくはこちらをクリック)は、毎日の暮らしの中で忘れてはならない、大切なことを見つめ直そう!という運動です。
human noteはその運動のイメージ・ソング『みんなトモダチ』を歌っています。「みんな ひとりじゃない」…大阪府下の子供たちが歌詞を書いてくれました。
今日もたくさんの人が、human noteと一緒に歌い、手を振ってくれました。


今回のステージでは、平 義隆さん(←こちらをクリック)がhuman noteに作ってくれた『しあわせのウタ』も歌いました。
「自分のために、大切な誰かのために、みんなのために、声を枯らして私たちは歌う」…”歌うたい”の思いが、熱く込められた曲です。


『みんなトモダチ』、そして『しあわせのウタ』
これからも、たくさんの人達と一緒に、歌い続けたいと思いました。






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。